お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

"美容" タグが付いた記事一覧

食物繊維ってなあに?

当たり前のように食物繊維という言葉が使われていますが、さて食物繊維って何なんでしょうか? 実は過去には食物繊維は消化されない‘カス’として扱われていたのです。 私達の腸内を活発にしてくれる働きがあることがまだ知られていなかった頃。 かわいそうですね。一生懸命働いてくれていたのに、評価が低かったのですから。 では現代において食物繊維の役割ってどんなものなのでしょうか? 血糖値の急上昇を抑えてくれます。 これは美容と健康にとても有益なことは読者の皆様ならご存知でしょう。 そして便の量を増やして排便をスムーズにしてくれる。 これも以前にお話しましたね。便のかさを増やすので排便をスムーズにしてくれます。 便秘は美容と健康の敵ですから。改善しなくちゃですよね。 更にコレステロールの抑制、肥満防止。 待ってました!やはり大きなダイエットの味方!!これぞ一番嬉しいことではないでしょうか? 食物繊維を食べると胃内の滞留時間が長くてお腹すきにくいのです。 これが食べすぎ防止にもなりますよね。 「じゃあ食物繊維って具体的にどんなものがあるのか知りたいわ。」 はい!わかりました。具体的な食材を知る前に少しだけしっておいて欲しいことが あるのです。 ここから少しお勉強です。 食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があります。 水に溶けやすいタイプを「水溶性」、水に溶けにくいタイプを「不溶性」と呼びます。 「なんでこんな事を勉強しなきゃいけないの?」 そうですよね。確かに。実はこの事を知っているかいないかで効果的にカラダに摂取できるかどうかが変わってくるのです。 では、水に溶けにくいとはどういうことなのでしょうか? そうですよね。 水に溶けにくいという事は栄養分が薄まりにくく大腸の働きを促す役割をしてくれるって事なんです ではどんな場合に良いのでしょうか? 便秘気味の人や食欲が旺盛すぎて困るなんて人にオススメです。 では水に溶けやすい「水溶性」にはどんな特性があるのでしょうか? 水に溶けやすいのですぐにゲル状になって小腸で糖と一緒に吸収されます。 働きはどんなでしょうか? コレステロールを減少させてくれたり、善玉菌を増やして腸の働きを改善してくれるのです。 ではどんな人にいいのでしょうか? 最近太ってきたなあと感じている人や血糖値を気にしている人、コレステロールの上昇を 抑えたいと思っている方にオススメなんです。 便秘に「不溶性」、血糖値急上昇を抑えるには「水溶性」って働きが少し分かれるって知っておくのも良いと思うのです。 では、皆様が知りたい具体的な食材の紹介に移ります。 不溶性食物繊維に野菜類、玄米などの穀類、豆類、きのこ類、海老やカニの殻など。 水溶性食物繊維には果物、昆布など海藻類、こんにゃくなどです。 どちらも大腸の環境を改善して太りにくくしたり、健康的なカラダつくりの為に 必要な食べ物です。 それぞれの働きを知るとより食材に関心を持ちたくなるのではないでしょうか? 食べる事は生きる事。と言われていますが、働きを知って好き嫌いなく頂くことが 私達の体を美しく健康に導いてくれる事だと思いませんか?

トマトダイエットは美容と健康にも効果的!

「トマトが赤くなると医者が青くなる理由とは?」 さて、昔のことわざで「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあります。 これを聞いてあなたはどう感じましたか? 「へえ~。トマトってそんなに健康にいいのか。」って言うのが感想ではないでしょうか。 そうなのです。恐るべき「トマトパワー」を今日はご紹介したいと思います。 あなたはトマトが好きですか? ダイエットのお腹が寂しい時につまむ食べ物としてトマトを常備しておくととても便利ですよ。 お腹がすいているわけでもないけれど、何か口が寂しいって時。ありますよね? こんな時は手早く食べられる何かを食べたいって思いませんか? ここでチョコレートやお菓子に手を出すか、それをトマトにするかで大きくあなたの 美容と健康に違いが現れてきますよね。 特に「フルーツトマト」少しお値段がはりますが、この美味しさと来たら!! 感動ものです。フルーツというだけあって果物のように甘くて贅沢な味がしますよ。 そしてトマトの栄養はあなたのカラダを健康に美容に、そしてダイエットに導いてくれる 素晴らしい内容です。 漢方で、トマトの事を「清熱解毒作用」というようです。 つまりどういう事かというと、血液を浄化する。その上に脂肪の消化の助けになると言うものです。 血液がサラサラになり脂肪を減らす役割を持っているって事なんです。 素晴らしいって思いませんか? そして血圧を下げて血管を丈夫にして、お肌をキレイにしてくれる作用もあるのです。 なんて健気に働いてくれることでしょう。 トマトの成分にリコピンという成分を聞いた事ありませんか? このリコピンはカロチンの一種で赤みを持っている成分のことです。 そしてこの成分は私達の老化や病気の原因になると言われている活性酸素を抑制してくれるのです。 活性酸素は年齢と共に増えていきますし、激しすぎる運動をする人、紫外線に長時間あたる人、たばこを吸う人には特に増えやすく老化や病気に繋がりやすくなるものです。 そういう意味でも活性酸素と戦ってくれる「トマト」の成分は大いに嬉しく歓迎したいものですよね。 トマトというと、どんなメニューを思い浮かべますか? もちろん、生で食べるのもよし。炒めたり、煮込んだりするのもいいですね。 カロチンは油と一緒に摂るとさらに栄養価が高まる性質があるのですよ。 ですから、炒めたりするのもオススメです。 リコピンは熱に強いので煮込み料理もいい感じです。 トマトでお魚を煮るなんていうのも、栄養的にバランスが良いですね。 さらにトマトはペクチンという整腸作用を含んでいる為に便秘の改善。コレステロール値の改善にも向いていますよ。 こんなにいいことづくめの、手ごろなお野菜を食べない手はないと思いませんか? 但し、トマトはカラダを冷やす作用がありますので、沢山食べる場合は煮込むのがオススメですよ。 さてあなたなら、どんなトマトレシピを考えますか? 今夜のメニューはトマトのお肉と野菜煮込みにしようかしら?