お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

"トマト" タグが付いた記事一覧

自信の持てる女性の象徴!美しいバストの作り方

美しいバストって女性の象徴とも言える憧れですね。 豊かなバストに憧れはあるものの、年齢と共に引力の法則に従ってしまうのは 残念ですよね。「歳だから仕方ないわ。」と諦めるのはちょっと待って下さい! では、美しいバストつくりそしてキープするにはどんな方法があるのでしょうか? まず、あなたの下着。ブラジャーについてお聞きします。 あなたは、バストを大切にしていますか? そう、いじめていないですか? では、いじめるってどういう事でしょう? 例えば「ブラジャーをつけてる時、なんだかちょっと締め付けられている感じがあるわ。」って方。 「ブラジャーを外すとくっきりと型が残るの。」って方。 これらのブラジャーはあなたのバストをいじめてしまってます。 ちょっときついけど、かわいいから。とデザインで選んでいませんか? 採寸をせずに、昔はかってもらったままのアンダーやカップでブラジャーを選んでいませんか? しっかりと下着売り場で採寸してもらってサイズにあったブラジャーを選びましょう。 ブラジャーの締め付けはバストの型を崩すだけでなくて、太りやすいカラダを作ることにもなっちゃうのですよ。 なぜかって? 上半身の血液のめぐりがブラジャーで締め付けられることで悪くなってしまうからです。 血液のめぐりが悪いとムクミの原因になります。 長年続けるとどうなのでしょうか?冷え性の原因となること間違いなしですね。 そして代謝が悪くなり太りやすいカラダになっていく事が理解できますよね。 次にお風呂。熱すぎるお風呂はNG!熱過ぎるお風呂のお湯はお肌の水分を蒸発させて しまい、お肌の張りを奪ってしまうから。 熱いお風呂に長時間はいると脚の指がしわしわになったりした経験ありませんか? では何度位がちょうどいい温度なのでしょうか? 皆さんは何度位のお風呂に入っていますか? 1. 38度 2. 40度 3. 45度 冬場は2の40度位が適温と言われています。 「え~40度って寒くない?」 っていわれそうですがじっくり時間をかけて浸かると 充分温まりますよ。 細胞も熱で壊されることなくお肌の水分の蒸発も防げて汗もかいて 良い温度と言われていますよ。 次に食べ物です。 ホルモンを活発に働かせる食べ物を頂きましょう。 それは何でしょうか? 栄養はビタミンE、たんぱく質、ビタミンB1,B2、ビタミンA、カロチンが 良いですよ。 これらの栄養素を含んでいるものを頂くようにすることでホルモンの分泌量をアップさせて美しいバストつくりに貢献してくれますよ。 では実際に具体的にどんな食材があるのでしょうか? 「トマト」・・・抗酸化作用が強くてアンチエイジングにも良く女性ホルモンにもはたらきかけてくれます。 「ナッツ」「キャベツ」・・・・女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を良くするというボロンという成分が豊富に含まれています。 某グラビアアイドルがキャベツを1日2個食べて胸を大きくした!なんて噂、あなたも 聞いたことがあるのではないでしょうか? 「お豆腐」・・・あなたもご存知「大豆イソフラボン」これは植物性エストロゲンとも いわれている女性ホルモン活性化に欠かせない成分なのです。 「牡蠣」・・・・海のミルクとしておなじみですね。亜鉛をたっぷり含み、亜鉛は女性ホルモンを促す作用があります。 これらのポイントをおさえて、美しいバスト作りに励んでみませんか?

トマトダイエットは美容と健康にも効果的!

「トマトが赤くなると医者が青くなる理由とは?」 さて、昔のことわざで「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあります。 これを聞いてあなたはどう感じましたか? 「へえ~。トマトってそんなに健康にいいのか。」って言うのが感想ではないでしょうか。 そうなのです。恐るべき「トマトパワー」を今日はご紹介したいと思います。 あなたはトマトが好きですか? ダイエットのお腹が寂しい時につまむ食べ物としてトマトを常備しておくととても便利ですよ。 お腹がすいているわけでもないけれど、何か口が寂しいって時。ありますよね? こんな時は手早く食べられる何かを食べたいって思いませんか? ここでチョコレートやお菓子に手を出すか、それをトマトにするかで大きくあなたの 美容と健康に違いが現れてきますよね。 特に「フルーツトマト」少しお値段がはりますが、この美味しさと来たら!! 感動ものです。フルーツというだけあって果物のように甘くて贅沢な味がしますよ。 そしてトマトの栄養はあなたのカラダを健康に美容に、そしてダイエットに導いてくれる 素晴らしい内容です。 漢方で、トマトの事を「清熱解毒作用」というようです。 つまりどういう事かというと、血液を浄化する。その上に脂肪の消化の助けになると言うものです。 血液がサラサラになり脂肪を減らす役割を持っているって事なんです。 素晴らしいって思いませんか? そして血圧を下げて血管を丈夫にして、お肌をキレイにしてくれる作用もあるのです。 なんて健気に働いてくれることでしょう。 トマトの成分にリコピンという成分を聞いた事ありませんか? このリコピンはカロチンの一種で赤みを持っている成分のことです。 そしてこの成分は私達の老化や病気の原因になると言われている活性酸素を抑制してくれるのです。 活性酸素は年齢と共に増えていきますし、激しすぎる運動をする人、紫外線に長時間あたる人、たばこを吸う人には特に増えやすく老化や病気に繋がりやすくなるものです。 そういう意味でも活性酸素と戦ってくれる「トマト」の成分は大いに嬉しく歓迎したいものですよね。 トマトというと、どんなメニューを思い浮かべますか? もちろん、生で食べるのもよし。炒めたり、煮込んだりするのもいいですね。 カロチンは油と一緒に摂るとさらに栄養価が高まる性質があるのですよ。 ですから、炒めたりするのもオススメです。 リコピンは熱に強いので煮込み料理もいい感じです。 トマトでお魚を煮るなんていうのも、栄養的にバランスが良いですね。 さらにトマトはペクチンという整腸作用を含んでいる為に便秘の改善。コレステロール値の改善にも向いていますよ。 こんなにいいことづくめの、手ごろなお野菜を食べない手はないと思いませんか? 但し、トマトはカラダを冷やす作用がありますので、沢山食べる場合は煮込むのがオススメですよ。 さてあなたなら、どんなトマトレシピを考えますか? 今夜のメニューはトマトのお肉と野菜煮込みにしようかしら?