お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

"ストレス" タグが付いた記事一覧

ダイエット中のストレスとの付き合い方は?

あなたは毎日を幸せで楽しく過ごしていますか? 生きていれば色々な事がありますよね? もしかしたら、美に対してとっても前向きで色々な努力をされているのかもしれませんね。 でもそれらの努力はストレスで意味をなくしてしまうって事だってあるのです。 あなたは上手にストレスと付き合っていますか? もちろん全ての事柄からストレスをなくすなんて事はできません。 生きていく上でストレスって必要な事でもありますから。 前向きに頑張っている時にもプレッシャーというストレスはかかるわけですよね? でもこれを上手にこなせると、良い刺激となって生きる張り合いにもなるのです。 これを辛いだけと受け止めてしまうと、全ての免疫機能が落ちてしまって、代謝も悪くなりお肌の状態も潤いがなくなっちゃうのです。 免疫機能を取り戻すためにはほんのささいな事を楽しい。嬉しい。幸せ。って喜んだもの勝ちって感じですね。 具体的には誰に見せるでもない日々、「スマイル」が免疫力をアップしてくれてストレスと上手く付き合う事ができますよ。 鏡に向かってにこっとしてみましょう。何もなくてもにこっとしてみましょう。 あら?不思議ではないですか?なんだか、幸せな気持ち感じませんでしたか? スマイルは私達の脳を幸せな気分にさせるようですね。 そして、日々小さな事で喜んでみましょう。 例えば、今日の髪型は上手にまとまっているわとか。お花のつぼみが咲きそうとか。落ち着くカフェに巡り合えたとか。 友人となんだか心が通い合ったような気がしたわとか。 喜び事って大きなことでもなくていいのです。 日常の些細な事を喜ぶ習慣を身につけると人生そのものが喜びに変わっていくように感じませんか? そうなるとストレスだって仲間に入れて上手にお付き合いできるようになるかもですよ。 あまりにストレスフルだと、健やかな自分の状態が一体どんな状態だったのかすらわからなくなります。 そこまで、感じてしまう時は思いっきり眠りましょう。これもリセットする大切な方法。 あと大の字に床に寝転んで深呼吸をするのもいいですよ。 1日のうちの10分でもいいから、自分をリセットする時間を作ってあげましょう。 頑張り屋さんに多いストレス溜め込み症候群。 この症候群は、張り詰めた気持ちをほぐすことです。笑いやリラックス。を毎日感じる心を持ってみませんか? 頑張りすぎだなあって感じる時に大きく深呼吸。 目を閉じてゆったりと時の流れを感じてみませんか? こうしてストレスと上手に付き合う事がダイエットの成功にも繋がり美しいお肌にも繋がります。 また、ストレスが溜まっているなあ~。自分ではどうしたらいいのか?リラックスするのが下手な人には、思い切ってプロの手にゆだねるのもいいですよ。 いい香りのするアロママッサージなどは体をほぐしてくれると同時に香りの感覚もあり、心もゆるゆるとほぐれていくような感覚を味わえますよ。 アロマが苦手な方はマッサージでほぐしてもらうだけでも効果的。 カラダがほぐれると心もほぐれます。 上手に心をほぐしながら、キレイの旅を続けていってはいかがでしょうか?

脂肪になりにくい時間帯に好きなものを食べよう!

「知っていると得するおやつの時間」 知っていると得する?何それ? そう思いましたか?そうですよね。意味がわからないですよね。 これからその内容をお知らせしますね。 まずは自律神経の説明から。 昼は交感神経が働いています。夜になると休憩モードになり副交感神経が働くように なります。 交感神経は活動するぞ~!という活発な神経です。スイッチで言うとオンですね。 脂肪もエネルギーにかえやすい状態です。 副交感神経はのんびりしよう♪というゆる~い神経です。脂肪は溜め込みやすい状態です。 スイッチで言うとオフです。 したがって交感神経の働いているお昼の方が副交感神経の夜より食べたものをエネルギーとして使いやすいのです。 だから、ダイエットの為にも夜になると食べ物を控えましょう。という事が言われるのですね。 読者の皆様でしたら、この位はご存知な方が多いと存じます。 でもね、「ビーマールワン」って聞いたことありますか? あなたは、おやつを食べたいなあ~って考える時にこの「ビーマールワン」を 知っているとおやつを食べても脂肪として溜め込みにくくなるのです。 これが知っていると得する!なんですよ。 「BMAR1」と書いてビーマールワンと読みます。 このビーマールワン、ダイエッターにとっては結構、おせっかいな奴なんです。 だって、食べたものをせっせと脂肪に蓄えようとするんですもの。 このビーマールワンは活動が活発な時とあまり活動しない時が1日のなかでも あるのです。 この時間を上手に利用すれば、食べたものが脂肪に蓄積されにくいって思いませんか? 「じゃあ、このビーマールワンの働きが悪い時は何時頃なの?」 そうですよね。それが一番知りたいところ! その時間が15時~16時と言われています。 ちょうどおやつの時間帯ですね。 知ってか知らずか、上手くできているものです。 この15時~16時が一日のうちで一番脂肪を溜め込みにくい時間帯なのです。 だから、あなたもお菓子を食べるクセが抜けない!とか、どうしても甘いものが 止められないの。って場合はガマンするのではなくて、この時間帯に食べるように したらいいのではないかと思うのです。 ガマンするのはストレスですから。どうせなら、脂肪になりにくい時間帯に好きなものを 頂きましょうよ。 そして食べた後は罪悪感を持たないことです。 「美味しかった♪幸せ~」と感謝しましょうよ。 その代わりに夜は控えるようしませんか? ビーマールワンは夜の8時以降は活発に働き始めると言われています。 よく眠る前3時間は食べないでおきましょうって聞きませんか? 夜は、副交感神経が優位になっている事、そして動かない事、さらに ビーマールワンの活動が活発になっている事。 こういった沢山、食べたものが脂肪に変わる要因があるから、食べるのを控えた方がいいんだなあ~て事おわかり頂けたでしょうか? ちょっぴり知識があると食べ方もガマンではなくて、工夫ができると思いませんか?