お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

"アルコール" タグが付いた記事一覧

肥満防止、ダイエットに効く食べ物とは一体何?

「肥満防止の栄養素とは?」 あなたは肥満を防止する為にどんな事に気を配っていますか? 「もちろん、ひたすら食べるのをガマンよ!」 「一生懸命運動しているわ。」 さてこれらのご意見をどう思いますか? 食べるのをガマンは、太りやすくなる!ってことを懸命な読者の皆様であれば ご存知ですね。 これは読者の皆様も賛成ではないでしょう。 では、「一生懸命運動している」はどうでしょうか? 一生懸命運動は素晴らしいのですが、運動しているから大丈夫!って油断して消費分以上に食べてしまうって事はないですか? 例えば 「今日は沢山、運動したわ~だからケーキとジュースこれくらいは大丈夫よね。」 「今日は運動していないけれど、昨日運動したからお菓子くらい食べても大丈夫よね♪」 なんて。 これでは本末転倒といったところ。運動は大事ですが消費した以上に沢山食べていると 余った分は脂肪にまわされちゃいますよ。 「食べるのをガマンするのは良くないのでしょう?食べる事はいいことですって いつも言ってるじゃない?」 そんなお声が聞こえてきました。 そうです!食べるのはいいことです。 でもね、食べる内容を吟味する必要ってあると思いませんか? そうです。あなたのお考えの通り。栄養のあるものを食べる!ココが大事ですよね。 さらに美容とダイエットをお考えのあなたは肥満を防止する栄養を選んで食べるのは とても賢い考えだと思いませんか? 「肥満を防止する食べ物って一体どんな食べ物?具体的に知りたいわ。」 そうですね。知りたいですよね。 ではお答えします! ある研究結果からです。 色々な食生活をして調べたデータでグループ分けしたところ 高血糖、血圧、肥満などが少ないグループに共通している食べ物があったらしいですよ。 それは何かと言うと「マグネシウム」と「タウリン」。 「マグネシウム」と「タウリン」の摂取がバランス良く摂れているチームは 肥満がなく、病気もかかりにくい。っていうデータなんです。 このデータ通りだとぜひとも、食生活に取り入れたいものですよね。 では「マグネシウム」が摂れるものって何でしょうか? コレは好き!って方多いのではないでしょうか? 「マグネシウム」が摂れる飲み物。さて何でしょうか? お分かりですか? はい!そうです。あなたも好きですか? 「ココア」ですね。 「ココア」だと夜に口が寂しいって時にお腹や心を満足させやすいですね。 この時、気をつけて欲しいのがココアに白砂糖を入れないように。 豆乳にココアで頂くのがダイエット的にオススメです。 あとはわかめ、ひじき、納豆なども「マグネシウム」を摂る機会を与えてくれますよ。 では、もうひとつ「タウリン」が含まれているものは何があるのでしょうか? 具体的に言うと貝類、イカ、タコに含まれているのです。 タウリンはコレステロールを低下させてくれる働きがあります。 あなたは魚介類を食べていますか? 日常的にたこやイカ、牡蠣、ホタテなどを食卓に取り入れてみるのも良いと思います。 また、大量のアルコールを飲むと体内のマグネシウムが不足します。 お酒を飲むことが多い場合は「マグネシウム」を意識してみてはいかがでしょうか? あなたの肥満を防止してくれる強い味方です。

美容や健康に気を使う人のお酒の飲み方、注意点はコレ!

あなたはお酒が好きですか? 「酒は百薬の長」という言葉もあります。 でも、大量に飲む方は美容と健康に注意ですよね。 ではどんな事に注意をすれば良いのでしょうか? 飲むときはお酒だけを飲まないように。必ずおともをつけましょうね。 例えば、枝豆だったりお豆腐やお魚などのたんぱく質やお野菜が オススメですよ。 理由は血糖値を急激に上げないようにする為です。 血糖値の急上昇は太りやすくなり、美容や健康にもよくありませんから。 次にあなたはお酒を飲むと顔が赤くなりますか? もしあなたがお酒を飲んでお顔が赤くなる場合は呑み過ぎないように。 理由はお酒を飲んで顔が赤くなるという事はアルコールの分解酵素が 生まれつき不足していると考えらるのです。 ですので、大量に飲むと肝臓に大いに負担がかかる可能性が高いのです。 「肝臓に負担がかかるとどうなるの?」 そうですね。肝臓は毒を分解する場所であり美容と健康の害になるものを 処理してくれる大事な器官なんです。 そういう理由で肝臓に負担をかけるという事は美容と健康を損なうという事に 繋がっちゃうことがわかりますよね。 「なるほどね~。でも私、お酒飲んでも顔赤くならないから、沢山飲んでも 大丈夫なのかしら?」 そうですね。お顔に出ないあなたはアルコールの分解酵素が多いのかもしれません。 かと言って、毎日飲むのはよくありませんよ。 沢山飲んだ次の日は必ず肝臓をお休みさせてあげてくださいね。 次に適量とする!です。 適量って?お酒に強い人は自分にとっての適量がかなり多めな場合も多いでしょう。 でも、人それぞれというより適量と考えた時に美容や健康を意識しているあなたは 1週間にグラスにワイン3杯程度が限度と言われています。 ビールなら中びん1本。 ウイスキーならダブルで1杯。 適量は純アルコールで1日20グラムなのです。 そして食事と同じように一気飲みはよくありません。 ゆっくりと味わいながら飲むようにしましょう。 その方が血糖値の急上昇が抑えられて、肝臓への負担も少なくて済みますから。 合間にお水を飲みながらも血中のアルコール濃度を薄めてくれますのでオススメです。 「飲み会が続いてどうしても、お付き合いしなければいけないときは、何を飲めばいいでしょうか?」 そうですね。ウイスキーをうんと薄く割ってもらって頂くか、赤ワインがよろしいかと 思います。 赤ワインは女性にとって嬉しいポリフェノールという抗酸化成分がたっぷりと含まれていますから。 どうせ飲むなら美容を考えていただくのが賢い女性ですよね。 さらにぶどうに農薬を使わないで育てた農園のオーガニックワインはキレイを目指すあなたにはオススメ度大です。 だってワインを造る時はブドウを皮ごと使うのですから。 美しくなる事に気をつけているあなたのお酒の飲み方をまとめると、 一気に飲まない。適量を頂く。選ぶなら赤ワイン。おともにはたんぱく質やお野菜を。