お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

"たんぱく質" タグが付いた記事一覧

ダイエットに重要な筋肉と脂肪の関係とは?

あなたは今ダイエット中ですか? どのようなダイエットをされているのでしょうか? 食事関連のダイエットですか?それとも運動? 運動をメインのダイエットだとしても脂肪を燃やす場所は? そうです。筋肉ですよね。 運動をせっかくしていても食事を疎かにしていると・・・? そうなんです。材料がないから筋肉がつかないのです。 「あら、私は筋肉なんていらないわ。痩せたいだけなんだから。」 そうおっしゃるあなた。筋肉をつけるのが何よりカラダが痩せる近道なんですよ。リバウンドもしずらくなります。 それになにも筋肉モリモリを奨励しているのではありませんのでご安心下さいませ。 そして運動は苦手だからと食事関連でダイエットに励んでいるあなたに質問があります。 お肌の調子はいかがですか? 肌がカサカサしたりしていませんか? 髪はつやつやしていますか? 爪は割れたりしていませんか? これらの事がダイエット前よりダイエット始めてから気になるようになってきたとしたら気をつけましょう。 ○○○○○が不足しているかもですよ。 勘の良いあなたなら気づいたかもしれませんね。○の中身が。さて○はなにでしょうか? そうです!ご名答!コラーゲンですね。 ダイエットに夢中になりすぎて、野菜ばかりの食生活送っていませんか? お野菜は確かにと~っても大事でダイエットや美肌作りに欠かせません。 でも忘れて欲しくないのは、タンパク質。 このタンパク源がないと筋肉が作れません。タンパク源があなたのお肌や筋肉や内臓、爪、髪の毛などを形成しているのです。 お野菜はそのタンパク質を補助する大事なパートナーと考えて一緒に摂るようにしましょうね。 「あら、たんぱく質ってお肉とか卵でしょ?なんだかダイエットには不向きな気がして・・・」そう思う方も多いかも知れませんね。 おっしゃるとおり、タンパク質は食べ過ぎると余った分は脂肪にまわされます。 これは事実。だから食べすぎはよくありません。これも事実。 でも、全く食べないのは脂肪を燃やす場所を減らして、エネルギーを使わない低燃費の車のようなものなのです。 食べたものを蓄積してなかなか使わないカラダと食べたものをどんどんエネルギーとして消費するカラダの方がいいと思いませんか? 車は低燃費がいいですけれど、体は燃費が悪い方が痩せる体なんです。 そして、お肌の調子にもかかわります。 コラーゲンはたんぱく質から摂ることができます。 ですので、たんぱく質が不足しているという事はコラーゲンが不足しているのと同じ。 コラーゲンというと、なんだかお肌プリプリ美容に良い感じがおありではないでしょうか? その通りなんですよ。お肌の弾力を作っているのはコラーゲンです。 ダイエットによって食事からタンパク源を減らしてしまうとプリプリお肌がシワシワお肌になっちゃったなんて事も。 痩せたのはいいけれど、お肌がたるんでしまっては意味がありませんよね。 だから、しっかりたんぱく質を摂りながらダイエットして欲しいのです。 では具体的にどのようなものが、お肌をプリプリにしてくれるのでしょうか? 牛スジ、鶏の皮、うなぎ、豚足、鮭、ふかひれなどですね。 でもくれぐれも食べすぎは脂肪になりますのでご注意下さいね。なんでも、バランス良くが大事ですね。 ちなみにたんぱく質は体重×1グラムが一日の摂取に適しているとされていますよ。

脚、顔の「むくみ」の原因ホルモン「コルチゾール」って?

「あなたのむくみを作用するホルモンの正体とは?」 あなたは日頃、仕事が終わる頃になったら脚がパンパンにむくむの~!とか 顔のむくみが気になってしようがないわ。なんて気持ちないですか? むくみの正体って一体何なのでしょうか? 「むくみ」はなぜ起きるのか? 以前にもお話したかと思いますが少し復習してみましょうね。 カラダの血液は心臓に向かって流れていますね。 脚は心臓から遠いのですが、脚の先から心臓に向けて血液や水分を流す必要があります。 だから、脚は第2の心臓と言われるポンプの役割をしているのです。 そして筋肉はポンプの役割を強くします。 筋肉が減ればポンプの役割が弱くなって心臓に血液中の水分を押し上げる力が 弱くなってしまいます。 そしてリンパの流れを良くしないと老廃物を溜め込み、 結果、脚に水分が滞り血液のめぐりが悪くなり、むくみへと繋がっていくのでしたよね。 そしてもうひとつむくみの原因に水分の摂取不足。というのがあります。 「水を摂りすぎるとむくむのよ。」って言う方も多くいらっしゃいます。 あなたはいかがですか? でも正確には「水を摂らないからむくむ」のです。 リンパを流すためには充分なお水を摂ることが必要なのですよ。 そうなるとリンパの流れを良くすると老廃物が溜まりにくくむくみになりにくくなると思いませんか? そして「むくみ」を招くホルモンの存在をご存知ですか? 「え~!そんなホルモンがあるの。知らなかったわ。」 って方も多いのではないでしょうか? ではそのホルモンどんな時に出るのでしょうか? 実はストレスが過剰になると分泌されるホルモンなのです。 その名も「コルチゾールホルモン」と言います。 副腎という部位から分泌されます。 「コルチゾール」は緊急時に分泌されると言われていますが ストレス過剰というのは緊急事態と考えられるのです。 長期に渡っての人間関係のストレス、仕事のストレス、そしてダイエットもストレスに 繋がります。 ダイエットは食べたい!でも食べてはいけない!この心の葛藤や罪悪感など激しくダイエットする際には大きくストレスとなってしまう事はダイエットを経験したことの有る人には充分すぎるほどおわかりかと・・・。 このストレスが「コルチゾール」を分泌。 実はこのコルチゾールホルモン。どんな作用があるかと言うと筋肉を削ってしまうのです。 筋肉は痩せるのに必要な体の脂肪を燃やすエンジンのようなもの。 その筋肉を削られるなんてたまったものじゃないですよね。 そして筋肉量が減ると前述したように血液を押し上げる力が不足してむくみの原因になります。 さらにコルチゾールが原因でカラダに水分を溜め込むようになっていくのです。 水分を排出するシステムの邪魔をするのがコルチゾール。 これがむくみの原因になってしまっているのです。 では、ストレスが続いてコルチゾールが流れ始めるとあなたの対策はどうすればよいのでしょうか? そうです!筋肉を削られるのですから、筋肉の元になるたんぱく質を摂る!事で対抗しましょう。 そして簡単ではないですが、ストレス過剰にならないように、楽観的に楽しむことも忘れずに。