お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

"お菓子" タグが付いた記事一覧

トマトダイエットは美容と健康にも効果的!

「トマトが赤くなると医者が青くなる理由とは?」 さて、昔のことわざで「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあります。 これを聞いてあなたはどう感じましたか? 「へえ~。トマトってそんなに健康にいいのか。」って言うのが感想ではないでしょうか。 そうなのです。恐るべき「トマトパワー」を今日はご紹介したいと思います。 あなたはトマトが好きですか? ダイエットのお腹が寂しい時につまむ食べ物としてトマトを常備しておくととても便利ですよ。 お腹がすいているわけでもないけれど、何か口が寂しいって時。ありますよね? こんな時は手早く食べられる何かを食べたいって思いませんか? ここでチョコレートやお菓子に手を出すか、それをトマトにするかで大きくあなたの 美容と健康に違いが現れてきますよね。 特に「フルーツトマト」少しお値段がはりますが、この美味しさと来たら!! 感動ものです。フルーツというだけあって果物のように甘くて贅沢な味がしますよ。 そしてトマトの栄養はあなたのカラダを健康に美容に、そしてダイエットに導いてくれる 素晴らしい内容です。 漢方で、トマトの事を「清熱解毒作用」というようです。 つまりどういう事かというと、血液を浄化する。その上に脂肪の消化の助けになると言うものです。 血液がサラサラになり脂肪を減らす役割を持っているって事なんです。 素晴らしいって思いませんか? そして血圧を下げて血管を丈夫にして、お肌をキレイにしてくれる作用もあるのです。 なんて健気に働いてくれることでしょう。 トマトの成分にリコピンという成分を聞いた事ありませんか? このリコピンはカロチンの一種で赤みを持っている成分のことです。 そしてこの成分は私達の老化や病気の原因になると言われている活性酸素を抑制してくれるのです。 活性酸素は年齢と共に増えていきますし、激しすぎる運動をする人、紫外線に長時間あたる人、たばこを吸う人には特に増えやすく老化や病気に繋がりやすくなるものです。 そういう意味でも活性酸素と戦ってくれる「トマト」の成分は大いに嬉しく歓迎したいものですよね。 トマトというと、どんなメニューを思い浮かべますか? もちろん、生で食べるのもよし。炒めたり、煮込んだりするのもいいですね。 カロチンは油と一緒に摂るとさらに栄養価が高まる性質があるのですよ。 ですから、炒めたりするのもオススメです。 リコピンは熱に強いので煮込み料理もいい感じです。 トマトでお魚を煮るなんていうのも、栄養的にバランスが良いですね。 さらにトマトはペクチンという整腸作用を含んでいる為に便秘の改善。コレステロール値の改善にも向いていますよ。 こんなにいいことづくめの、手ごろなお野菜を食べない手はないと思いませんか? 但し、トマトはカラダを冷やす作用がありますので、沢山食べる場合は煮込むのがオススメですよ。 さてあなたなら、どんなトマトレシピを考えますか? 今夜のメニューはトマトのお肉と野菜煮込みにしようかしら?

美容、健康、ダイエットを応援する冷蔵庫の必需品とは?

あなたはダイエットをしている時に冷蔵庫の中はどんな感じですか? ダイエットをしていなくても冷蔵庫の中を見ればその方の食生活がうかがえます。 ダイエットしている方にこんなお声をよく聞きます。 「食べるわけではないのだけれど、なんだかお菓子をいつも置いておかないと安心しないの。コンビニに寄るとついお菓子に手がのびてしまって。」 「どうしてもチョコレートが私には必要なの。」 このお声をあなたはどう受け止めますか? 「そうよね。私も一緒よ。お菓子は必需品。チョコレートだってあれば安心するわ。」 「ダメダメ!ダイエット中なんだから。ガマンしなきゃ。」 はい!そうですよね。お二人とも共感ができます。 ではなぜ、チョコレートやお菓子を食べてしまうのでしょうか? 女性は男性に比べてセロトニンというホルモンの分泌量が少ないといわれています。 ではセロトニンって何なんでしょうか? 別名「癒しのホルモン」心を穏やかに安定させるホルモンです。 このホルモンが少ないとイライラに繋がったり、鬱になったりしやすいのです。 ではこのホルモンを分泌するにはどうしたらよいのか? 実は甘さの中にこのホルモンの分泌が隠されているといいます。 チョコレートを食べるといいようのない幸せ感に満たされた経験はありませんか? これはセロトニンの分泌がなされているからだと言います。 そうです! 糖質がセロトニンの分泌に関係するのです。 女性はホルモン周期に影響されやすいものです。生理前はやたらとイライラしたり。 やる気が起きなかったり。 そんな時にはダイエット中だからと全てをガマンガマンとしていると、イライラついでに 爆発してドカ喰いに走ってしまいかねません。 じゃあどうすれば良いのでしょうか? 普段から心がける事としたら、コンビニに寄る機会を減らす事。 コンビニに足を運ぶから、ついお菓子なんかを買い置きしてしまうのです。 ダイエットにも美容にもコンビニのお菓子は推奨できません。 そしてセロトニンの分泌を促すとしたら、食べ物だけではないのです。 食べ物以外のセロトニン分泌を考えて見ましょう。 深呼吸もひとつの方法。そしてウオーキングもセロトニンの分泌を促します。 太陽もセロトニンの分泌を促すのです。 こうやって考えると食べる事意外に幸せホルモンの分泌は色々あるものです。 そして食べ物でいくとチョコレートの代わりに甘~い果物を冷蔵庫にいつも入れておくとよいですよ。 イライラする!って感じた時には甘い果物を食べて心を満たしてみるのはいかがでしょうか?例えばりんご。みかん。いちご。キュウイ。もも。バナナ。 果物は生でいただくので「酵素」を摂ることができます。 「酵素」はカラダの消化を促進する事で代謝の助けになります。 甘くて美味しい果物はイライラを抑えて、肥満の助けになりあなたの美容と健康をサポートしてくれる強い味方。 冷蔵庫をあけるとお菓子ではついつい手が伸びてしまって当たり前。 冷蔵庫をあけると果物。となれば気がつくと果物を頂いて代謝のよいからだを作っている 事でしょう。 ちなみに果物は糖分が多く太りやすいイメージがありますが、りんごなら1日に1つ、みかんなら2つ程度だと大丈夫なんですよ。 日本人のフルーツ摂取量はとても少ないといわれています。 フルーツを食べてイライラを抑えてキレイを目指しましょう。