お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

最新トピックス


ダイエット中のイライラ感、ストレスを理解すると少しは楽に!

あなたはわけもなくイライラしたりすることってないですか?

「あるある!なんだかわからないけれどやたらとイライラしちゃうの。結果、親しい人にぶつけてよけいにイライラしたり。」

そんな声が聞こえてきました。

女性って神秘的なカラダを持っていますのでホルモンの関係で生理が始まる前などにわけもなくイライラしたり、逆に悲しくなったりもあるようです。

そんな時あなたはどうしていますか?自分をしっかりと受け止めてあげられていますか?

人って自分の事は本当に距離が近すぎて見えないものです。
人の事なら温かく受け止められるあなたなのに、自分の事となると冷たく知らないふりをしていませんか?

例えばね、「なんだかわからないけれどイライラする。」と思った時なんだかわからないって何なのかしら?
「そうね。今私は何か理由がわからないけれどイライラしているのね。」って受け止めてあげられているかしら?

大抵は雑にその気持ちを追いやっていませんか?では追いやられたイライラ感はどこにいくのでしょうか?気持ちのどこかにイライラさんのスペースをあけてあげるというのはどうでしょうか?このイライラした気持ちって形に現すとどんな形かな?色は?なんて自分の感情をもてなし、表現してみると気持ちがほぐれてきたりするものです。

これを例えてみると、こんなお話になります。

あなたはここのところ、お付き合いが多くて気が付けば理想体重から5キロもオーバーしちゃっています。心持ちカラダも重くなってこれはダイエットしなきゃと思い立ちました。
そして、今日から2週間は甘いものを食べないって決意したのです。

そんな時に親友のあやちゃんから、お茶のお誘いが・・・。

久しぶりに会うあやちゃんとの再会を楽しみに話題のおしゃれカフェで待ち合わせ。あやちゃんは当然のようにケーキセットを注文したのです。
ここは、ガマンのしどころ。あなたはハーブティだけの注文。
あやちゃんは「あら、どうしたの?ダイエット中?ここのケーキすっごく美味しいのに♪」と幸せそうにケーキを頼みました。

そうして注文したものがテーブルに。自分の前には紅茶のポットとカップだけ。あやちゃんの前には美味しそうなチョコレートケーキとカフェオレが置かれたのです。
そうしてあやちゃんはニコニコして目の前でパクパクケーキを食べています。
目が合うとにっこりしたものの、なんだか引きつってしまう(笑)

その時のあなたの感情は?「何なの!親友なのに!私の気持ちも知らずに~!」
「あやのことキライになりそう!」「ムムム!!」なんて悔しいなんて感情が溢れたりしませんでしたか?

大好きな親友のあやちゃんのことを嫌いになっちゃうこの気持ちなんなのでしょうか?

そうです。あなたのお考えの通り。

あなたは食べたい気持ちをガマンしている。想いを抑えているせいなのです。
禁止しているとそれをしている人を見て嫉妬したりしてしまうのです。

その結果、親友との楽しい時間が楽しめなくなってしまったりしてしまうのです。
それでは、楽しいひとときを過ごす約束をした意味さえありませんね。

こんな時、どうしたらいいのでしょうか?

自分との約束を破ってケーキを頼む?それとも、禁止を貫く?どちらにしても自分の気持ちを大切にして考えてみてはいかがでしょうか?
ケーキを頼んで食べてしまった自分に対してあとで、自分をキライにならないか?
禁止を貫いた自分だけれど、親友に嫉妬してしまうのはどうなのだろうか?などなど。

自分の気持ちを自分で受け止める事をしてみてはいかがでしょうか?

例えば、禁止して貫いた場合、ケーキをぱくついているあやちゃんと目が合ったら
にこっとするのではなくて「悔しいわ~!!私も食べたいのに。ガマンしているんだからね」なんて言葉でかわいく出してみてはどうでしょうか?

ケーキを食べる事を禁止して、親友に毒づくことも禁止している。それがストレスになってしまいます。

今の自分はどんな事を感じている?って自分にも優しくなってみませんか?

脂はダイエットに必要!?脂の働きは・・・

脂って聞くとイメージはどうですか?ダイエットにいいなあ~とは感じにくいのでは
ないでしょうか?

でも、脂は人に必要な3大栄養素のひとつです。

では3大栄養素とは?何でしょうか?昔学校で習いませんでしたか?

はい!そうですね。

たんぱく質・炭水化物そして脂質が3大栄養素ですよね。

あんまり脂をキライすぎてはダメな事がなんとなくここからもおわかり頂けるのでは
ないでしょうか?

では脂質にはどんな働きがあるのでしょうか?

脂質には常温で液体の「油」、いわゆるなたね油やごま油やオリーブオイルなどと
常温で固体の「脂」例えばバターやマーガリンなどがあります。

そしてそれらはあなたのエネルギーになるのです。

車で例えるならばガソリンですね。ガソリンがなければ車は走る事ができませんね。
それと同じで脂質がなければ、人は元気に動く事ができなくなっちゃうのです。
ダイエットで敵とみなされている理由がここにありますね。

3大栄養素のうち、最も高いエネルギーになるからです。具体的に数字でいいますと
1グラムあたり9キロカロリーになるのが脂質です。

そして、大事な事があって脂質には、自分のカラダの中でつくることができない脂質が
あります。

それを必須脂肪酸と呼びます。この脂肪酸は外から摂らないと自分のカラダで作られないので色々な体の不調が出てきます。
これらはお肌をすべすべにしたり、大切なホルモンの材料になったりしているのです。

更にいいことがあります。
脂質は油に溶ける脂溶性ビタミンの吸収に役立っているのです。
わかりやすく言うとにんじんの栄養素を効果的にカラダに取り込むためには油で炒めた方がよいのです。にんじんのビタミンAは脂溶性ビタミンだからなのです。
野菜炒めは脂溶性ビタミンの吸収に一役買っているって事ですね。

では、どれだけでも摂っていいのでしょうか?
そうですね。それはダメですね。脂は高エネルギーです。使われないと脂肪として蓄えられちゃいますので・・・。

ではどれ位の量がいいのでしょう?

はい。お答えしますね。

年齢により異なるのですが、成人で一日に必要なエネルギーの20~25%を脂質から
摂ると良いとされています。

例えば1日2000キロカロリー必要な人だとしたら・・?

計算すると40~50グラムってことになりますね。

ちょっとわかりにくいですか?

ではこんなのはどうでしょうか?

朝ごはんにトーストにバターを塗って食べていたとします。
その時に薄くバターを塗って1枚分が約5グラム程度と考えられます。

そして天ぷらやフライなどを食べると約油10グラム位になります。

じゃあ、まだまだ摂れるわね。って考えるのは少しお待ち下さい。

残りはお肉やお魚からも摂りますし、乳製品からも摂ったりします。
あっと言う間にオーバーしちゃいます。

その為にも出来るだけ良い質の脂を摂るようにしましょう。
良い質の脂とは魚の脂だったり素材そのものの事です。

あなたの日常生活の食習慣の脂質を見直してみませんか?

ダイエット中でも欠かせない栄養素とは?

ダイエット中だからと言って、なんでも食べるのをガマンするのは良いことでしょうか?

賢明な読者のあなたならわかりますよね。

特に摂らなければならない栄養って一体何なのでしょうか?

はい!そうですね。
たんぱく質や脂質です。

「え~!脂質はダイエットの敵でしょう!!徹底排除じゃないの?」
そんなお声も聞こえてきました。

確かに脂質は摂り過ぎると太る原因になります。
けれども、排除しすぎるとホルモンの分泌に影響が出てしまいます。

大事な女性ホルモンの分泌に影響が出たら・・・?
生理が止まってしまったり体の不調を招いたり。それではダイエットの意味がありませんね。ダイエットする目的はキレイに健康になる為ですものね。

そして、たんぱく質はどうして摂らなければいけないのでしょうか?
はい!そうです。

筋肉や骨、血液などを作る原料ですものね。そして私達の爪や髪の毛、お肌もたんぱく質からできています。
不足したら・・・?肌はがさがさ、爪は割れて、髪はパサパサ艶なし。

こんな状態をあなたのダイエットの先に求めていますか?
当然、違いますよね。

ダイエット中だからと減らす栄養素を間違えると思っていた美しいカラダ作りとは
程遠いものとなって健康まで害してしまいますね。

かといって摂りすぎはダメ。そうなるとタイミングも大事ですよね。
エネルギーとして使う朝や昼にがっつりと脂質等を摂るといいですね。

さらに知っておいて欲しいことがあります。

たんぱく質、脂質、炭水化物は3大栄養素と言われていて私達の体や心を作る、とても大切な栄養素です。

それに加えてビタミンやミネラルも忘れてはいけません。

ビタミンやミネラルは微量でも大きく健康や美容に貢献してくれるのですよ。
例えばせっかくの栄養も代謝を良くしなければ意味がありませんね。

そこでビタミンの出番。

消化や代謝を助けてくれる嬉しい栄養素です。

食生活で具体的に考えるとこんな感じです。
あなたは今日、天丼を食べたとします。このときに天丼だけでは栄養が足りません。
たんぱく質と炭水化物、脂質は取れていますが足りないのはビタミンですね。

そこで、天丼を食べるとしたら、もう1品。
ビタミンやミネラルとなる品を摂りましょう。例えば、お野菜のおひたしなど。カレーを食べたとしたら生サラダもいいでしょう。

サンドイッチなら?そうですね。
野菜ジュースをプラスするといいでしょう。

お気づきですよね。食事には必ずお野菜を付け加えると考えておけば何らかのビタミンや
ミネラルを摂取できる事が出来ます。

「でも、どの野菜にどのビタミンが入っているのか?なんて覚えられないわ。」

もちろんそうですね。

すべての栄養素を覚えるなんてとても出来ませんので、いろいろな種類のお野菜を
まんべんなく頂く事で意識しなくてもあなたの美容と健康に必要な栄養素が摂取できるのですよ。食べた事ないお野菜にもチャレンジして食生活を豊かに。

減らすのではなくプラスする考えでダイエットを楽しみませんか?

ダイエットは太る原因を理解して、実行するだけ!

あなたは最近太ったなあ~なんて思っていますか?

もしそう感じているのでしたら、その太った原因は何か思い当たる事ってありますか?

何って原因はないのに気がつけば、理想体重より5キロオーバーとかって事もあるでしょう。でもそこにも原因はあるはずなんです。
「わかっているわ。食べすぎ。そして運動が不足しているって事でしょ?」
そうですね。カラダ的にはそうだと思うのです。

でも、その食べすぎになった原因。運動をしなくなった原因はどこにあるのでしょう?

なに?なに?年齢とともに基礎代謝が下がってきて昔と同じ量しか食べていないのに
体重だけが増えていくって?

なるほど!そういうこともありますよね。確かに年齢と共に基礎代謝が下がっちゃうから
以前と同じ食事量なのに、気がつけば太ってしまったって事。

そう!それが原因なのです。

なんとなく・・・ではなくて~が原因でこうなる。って物事の道理ですよね。

もし、あなたが今お話したように、食事量は変わってないのに年齢のせいで太りだしたとしたら・・・?
原因が解明されているので、その対処をしましょう。

年齢が上がっていくと基礎代謝が落ちていく・・・としたら?

食事量は今までと同じではなくて、少し量を減らすという結論に達しませんか?

もしくは、食事の内容に気をつけて油物を減らして、お野菜や魚をメインにしていくとか。

テレビでやっていたのですが、おサルさんで沢山食事を与えるおサルさんと、少しの量の
食事しか与えないおサルさん。

年齢を重ねるとどうなったでしょうか?

同じ年齢なのに、大きく見た目に差が出たのです。
少しの量の食事を続けたおサルさんは毛並みも良く動きも軽やかで若々しいのです。
一方必要以上に沢山の食事を与えたおサルさんは、動きも鈍く、毛並みや見た目に老いを
感じさせます。

この実験はおサルさんでしたが、人間にもあてはまるようですよ。
食事量を減らすと年齢より若くいられるって言います。
確かに古いことわざにもありますね。「腹八分目」ってね。
年齢と共に「腹八分目から腹7分目や6分目」にすると
良いっていいますよ。

食事をしないとか、置き換えダイエットは逆に基礎代謝を下げて太りやすくしてしまうのは賢い読者さんなら、ご存知でしょう。

でも、減らす事を意識するのはいかがですか?

そして、ダイエット中だけではなくて、それを習慣化してはいかがでしょうか?

胃袋も日常的に食べる量により、大きくなったり小さくなったりするのですから
少なく食べる習慣が身に付くと胃袋も小さくなってそれ以上食べたいと思わなくなって
いきますよ。

食べすぎが老いを早めるとしたら、少な目の食事は年より若くいられます。
10代の成長期を過ぎているとしたら、ゆっくりと少しずつ食べる量を減らしていくのは
いかがですか?

お茶碗に山盛りごはんを食べていたなら、緩めにお茶碗一杯にするとか、お茶碗一杯だったとしたら、お茶碗八分目位にするとか。

炭水化物を少し減らしながら、お野菜で満腹感を出し魚やお肉で筋肉をつけましょう。

年齢と共になんとなく太ってきたから、脱却するには、明日からではなくて今日から
少し食事習慣を変えていきませんか?

ダイエットと色との関係って?

あなたはカラーセラピーという言葉を聞いたことがありますか?

何とかセラピーって流行のように色々ありますが、カラーセラピーは昔からあるものです。
色彩でココロやカラダの癒しを行うってものなのです。

例えば、時代劇に出てくる殿様。病気になった殿様が紫の鉢巻をしているのを見た事ないですか?

「時代劇あんまり見ないわ~。」

そうですか。今度見る機会あれば見てくださいね。
実はあの紫にも意味があるのです。

紫はココロやカラダを癒し改善する色として、そして炎症を抑える色として使われている
から紫の鉢巻を病気の殿様がしているのです。

ずうっと昔から色は意味合いを持って使われて来たのが感じられますね。

なぜ突然色の話をするのか?って?

そうですよね。色とダイエットどんな関係があるのでしょう?

今までのお話の中でも、勘のいい読者さんは感じられたのではないでしょうか?
「そうか!色でココロやカラダを改善したりできるんだ!!」って。

そうなんです。

実際に赤を見るとどうですか?

ドキドキしたり温かく感じたりしませんか?

では、青を見るとどうですか?

ココロが鎮まったり、なんだかヒンヤリ寒く感じませんか?

これは、色で人がカラダに反応を起こすって事が立証されているのです。
そうであれば、色を上手に活用するとダイエットの成功に役立つって思いませんか?

ここで質問です。

あなたは、日常的に黒を身につけていませんか?
黒い色はカラダを疲れさせますよ。なぜなら、光を吸収してしまってあなたのカラダに
光を届けてくれないからなのです。

太陽ってアンチエイジングの敵のように言われていますが、太陽の光は私達の内臓や筋肉、骨、ホルモン分泌に関わる大切な宝ものです。
その大切な宝のような太陽の光を遮断してしまう黒はほどほどの分量にした方が良いですよ。例えば下着からアウターまで全部黒なんて言うのは最も疲れやすくて、ダイエットに
必要な代謝をダウンさせてしまいます。

そして「黒」は自己否定の色とも言われていて、自分を認められず、でも現状を変えさせずカラダも心も重くし、運動等を助けない色なんです。

では、逆にダイエットにいい色って何色なんでしょうか?

そうですよね。知りたいところですね。もちろん色だけでホルモンの分泌が変わるとは
言いませんが、応援してくれる色ってありますよ。

その色達をあなたに紹介しますね。

まず、「赤」。赤はあなたを励まし、元気にしてくれます。燃焼モードを手伝ってくれる色です。交感神経を刺激して前向きにやる気を出させてくれますよ。
今年は「赤」が流行色とも言われていますね。洋服屋さんでも、沢山みかけますので一枚いかがですか? 

そして「クリーム色」もオススメなんです。
白に黄色を、混ぜると出来る明るいクリーム色。
クリーム色には消化や排出を助ける働きがあると言われています。
カラダに溜まった毒素はさっさと出していつもキレイなカラダでいたいですものね。
そんなあなたにはクリーム色をオススメします。

トイレのインテリアをクリーム色にするのもいいのではないかしら?

あなたはどのように色をダイエットに取り入れますか?


ページ10 / 32« 最初...891011122030...最後 »