お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

豆乳と牛乳、ダイエット中に飲むならどっちを選ぶ?

あなたは牛乳好きですか?

「ええ、大好きよ。しかも栄養価が高くてカルシウムも採れていいんでしょう。」ってお声も聞こえてきそうですね。

しかしながら、ここ数年、牛乳については議論が巻き起こっているのをご存知でしょうか?

もともと、日本人は牛乳を飲む習慣が昔はなかったそうです。
第二次世界大戦後、アメリカが日本にミルクを食産業として売るようになったらしいのです。

私が子供の頃は給食に牛乳パックがセットされていたのを覚えています。

あなたはどうでしたか?

この給食の牛乳もアメリカの大量に余った牛乳を売る作戦だったと言われているのです。
日本にカルシウムが必要だと認識させてそれが牛乳なんだと教え込んだと言われているのです。

最近分かってきたことが、牛乳に含まれるカルシウムが人間の消化吸収には適していないという事。

だって牛乳はそもそも牛の赤ちゃんのためのものですから。
人の為のものではないのです。

牛乳を飲むほどに体内のカルシウムが不足していまい骨粗しょう症の原因になるとも言われているのです。
なんとも牛乳好きの人にはショッキングな議論ですよね。

でも思い当たりませんか?牛乳を飲むとお腹を壊していた子がいたよね~。とか。

実は私も。なんて。

牛乳を飲むとお腹がごろごろ鳴って消化しきれずにカスとなってお腹に残ってしまい、
腸内腐敗を起こす原因とかいうお話も聞きます。あまりに偏りすぎるのもよくないのですが・・・。

あなた自身が牛乳を飲んでいて調子が良いのなら、無理に止める必要もないかもしれませんが、もし牛乳を飲むとお腹を下したりするけれど、カルシウム不足を補わなくちゃって考えているのなら、その考えを正しても良いかもしれませんね。

ヨーグルトにしても同じ見解があるようですよ。

乳製品を摂らなくっちゃ!とせっせと美容と健康のために摂っているとしたら・・・?

その考えは正しいのでしょうか?

そしてもうひとつダイエッターにとって牛乳は高脂肪ですのでカロリーオーバーしやすいのです。
牛乳はあまりに私達の生活に入り込んでいますよね。例えばカフェオレも牛乳がかかせません。
眠る前のココロを安定させるココアを作るときも。牛乳を使いますよね。

あなたはいかがですか?

そうよね。牛乳が飲めなくなると困るわ~ってあなたは
牛乳の替わりになるものがあるとしたらあなたは何を思い浮かべますか?

そうです。

豆乳ですよね。こんなに牛乳のうわさがあるのでしたら、牛乳に替わって豆乳を色々に使えばどうでしょうか?
豆乳は大豆たんぱくの栄養をもらえます。大豆たんぱくというと?

女性ホルモン促進のイソフラボンですね。それに大豆自体はそんなに消化吸収がよくない食材なのですが、豆乳となった場合は消化吸収がよくなると言われています。

栄養的に優れているのに消化吸収がよくないといわれていた大豆としっかりと摂れる豆乳は私達女性をきれいにしてくれるのではないでしょうか?
牛乳から豆乳にあなたの食生活を変えてみてはどうでしょう?




«  豆乳と牛乳、ダイエット中に飲むならどっちを選ぶ?  »