お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

脂肪になりにくい時間帯に好きなものを食べよう!

「知っていると得するおやつの時間」
知っていると得する?何それ?
そう思いましたか?そうですよね。意味がわからないですよね。
これからその内容をお知らせしますね。

まずは自律神経の説明から。
昼は交感神経が働いています。夜になると休憩モードになり副交感神経が働くように
なります。
交感神経は活動するぞ~!という活発な神経です。スイッチで言うとオンですね。
脂肪もエネルギーにかえやすい状態です。
副交感神経はのんびりしよう♪というゆる~い神経です。脂肪は溜め込みやすい状態です。
スイッチで言うとオフです。

したがって交感神経の働いているお昼の方が副交感神経の夜より食べたものをエネルギーとして使いやすいのです。
だから、ダイエットの為にも夜になると食べ物を控えましょう。という事が言われるのですね。
読者の皆様でしたら、この位はご存知な方が多いと存じます。

でもね、「ビーマールワン」って聞いたことありますか?
あなたは、おやつを食べたいなあ~って考える時にこの「ビーマールワン」を
知っているとおやつを食べても脂肪として溜め込みにくくなるのです。

これが知っていると得する!なんですよ。
「BMAR1」と書いてビーマールワンと読みます。
このビーマールワン、ダイエッターにとっては結構、おせっかいな奴なんです。
だって、食べたものをせっせと脂肪に蓄えようとするんですもの。
このビーマールワンは活動が活発な時とあまり活動しない時が1日のなかでも
あるのです。
この時間を上手に利用すれば、食べたものが脂肪に蓄積されにくいって思いませんか?
「じゃあ、このビーマールワンの働きが悪い時は何時頃なの?」
そうですよね。それが一番知りたいところ!
その時間が15時~16時と言われています。
ちょうどおやつの時間帯ですね。

知ってか知らずか、上手くできているものです。
この15時~16時が一日のうちで一番脂肪を溜め込みにくい時間帯なのです。
だから、あなたもお菓子を食べるクセが抜けない!とか、どうしても甘いものが
止められないの。って場合はガマンするのではなくて、この時間帯に食べるように
したらいいのではないかと思うのです。
ガマンするのはストレスですから。どうせなら、脂肪になりにくい時間帯に好きなものを
頂きましょうよ。
そして食べた後は罪悪感を持たないことです。
「美味しかった♪幸せ~」と感謝しましょうよ。

その代わりに夜は控えるようしませんか?
ビーマールワンは夜の8時以降は活発に働き始めると言われています。
よく眠る前3時間は食べないでおきましょうって聞きませんか?
夜は、副交感神経が優位になっている事、そして動かない事、さらに
ビーマールワンの活動が活発になっている事。
こういった沢山、食べたものが脂肪に変わる要因があるから、食べるのを控えた方がいいんだなあ~て事おわかり頂けたでしょうか?
ちょっぴり知識があると食べ方もガマンではなくて、工夫ができると思いませんか?