お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

痩せる秘策とは?

テレビ番組では肥満からの脱出企画がよく放映されていますよね。
あなたも一度は見た事があるのではないですか?
そのなかでも深刻な肥満を報道される際にアメリカがよく話題にされますね。

現在、アメリカでは成人の3分の2が過体重と言われています。
子供も5人に1人が過体重です。
大人にいたっては半分以上が太っているので、痩せている人の方が
珍しい状態ですね。

ここで私の友人の話を少しさせて下さい。
彼女は結構、おでぶちゃん。でもすごく明るいキャラでみんなに愛されていたのです。
まあ、強烈な個性と大きな肉体が日本人男性を圧倒していましたが・・・
そうです。日本では残念ながら彼女は男性からモテませんでした。
彼女は英語が得意で、30歳に決意して、アメリカ留学したのです。
素晴らしいですね。英語が得意といっても英会話スクールで勉強していたくらい。
アメリカの大学なのですから、講義だって何だって英語。
もちろん生活すべてが英語。誰か頼れる人がいるわけでもなく単身アメリカへと
旅立ったのです。
そして、ほんの2ヶ月後くらいに、日本では全くモテなかった彼女にボーイフレンドが
できました。
人生初の彼氏です。彼氏は学者さん。とっても穏やかでインテリで優しい彼氏ができたのです。
そして幸せな結婚もしました。太ったアメリカ人の中では彼女はグラマーな女性という
扱いだったようです。

ダイエットと何の関係があるの?って思われましたか?
そうですよね。
私が伝えたかったのはアメリカに行くと日本のおデブちゃんはおデブのうちに
入らない位、ほっそりみえちゃうのです。
彼女が言ってました。「アメリカに来て、自分が痩せてみえるようになったわ。
海岸で寝ている女性達はみんなトド級なんだから」って毒舌の彼女は明るく笑って
いました。
さてアメリカの肥満事情はいったいどこにあるのでしょうか?
その理由は私が実際アメリカで体験してきました。
1ヶ月で7キロ増!!これが私がアメリカで体験した事実です。

先程出てきたアメリカの幸せな友人宅に1ヶ月、お邪魔していた事があります。
そして、帰宅して体重計に乗った時の針をみて驚いた事は今でも忘れられません。
たった1ヶ月で、私を7キロも太らせたもの。
あなたも充分に察しがつきますよね。
そうです。アメリカの食生活ときたら・・・
彼女達と同じように同じタイミングで同じ量を食べていた私。
アメリカに行けば何の苦労もなく一瞬で太ることがわかりました。
何しろ、量が半端ありません。マクドナルドで頼むコーラはSサイズなのに
どう見ても、Lサイズ。ポテトは皿から完全にはみ出す程の量です。
スナック菓子の袋も大きい!全てがLサイズなのです。
食後のアイスクリームは日課のようなもの。
周りが太っているから、少々太っても気にならないのです。

それですよね!周りが細いと自分が太っている事を自覚する。
周りが太っていると自分が太っていることを自覚しにくのです。
これってダイエットにおいて重要だと思いませんか?

・ ・・って事は友人は痩せている方が自分も痩せやすいのではないかしら?
体型で友人を選ぶのはもちろん間違っています。でも、太っている友人に囲まれていると
安心感から、痩せる事からどんどん遠のいてしまうのも事実ですよね。

付け加えるとアメリカに私が訪れた時、友人は日本にいた頃の3倍に巨大化していました。
外見的なダイエットというより病気を心配しなければいけないレベルの肥満がアメリカでは多いのです。
あなたはどう思いますか?