お手軽ダイエットで健康的に若返りのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

あなたは白米中心の食生活ですか?

日本人はご飯が大好き!あなたはいかがですか?炊きたての白いふんわりしたあつあつご飯!なんだか幸せを感じちゃいますよね♪
「ご飯が美味しいとおかずよりついついご飯がすすんでしまうわ~」
「ご飯が美味しかったたらご飯だけで、何杯もお代わりしちゃう!」
なんて意見はないでしょうか?

日本に産まれたからには、お米文化を大切にしたいですよね。
でもね、最近、こんな研究結果が出たのです。

厚生労働省研究班による日本人対象の大規模調査による結果です。
調査は全国8県に住む45~74歳の健康な男女約6万人を5年間を追跡したらしい
ですよ。
調査したのは米飯と糖尿病の関連を調べる為というもの。

あなたは1日に何杯ご飯を食べていますか?
この調査によると白米だけの米飯を1日あたり3杯(420グラム)食べる女性は
同1杯強(165グラム)の女性に比べて、糖尿病を発症する危険性が1.67倍高かったという事です。1日に4杯(560グラム)の女性は更に上がって1.81倍の危険性があるらしいですよ。
麦などの雑穀が混ざった米飯の場合も危険性はやや低くなるものの、傾向としては
変わらないと出ています。

ご飯を食べると食後に血糖値が上がりやすく糖尿病を引き起こしやすいと記事には
ありました。

この記事を読んで思ったのは、年齢と共に、食事量を減らす必要があるって事です。
50歳になったら、19歳の頃の半分の食事量でちょうどいい!とも言われていますね。

ラットの実験結果でもこんな興味深い事が明らかになったようですよ。
食事量を少なくして一生を過ごした、ラットは食事量が多いラットより、外見的に
若くて健康。
「外見が若いそして健康!」これは私達が目指すところですよね。
食事量の少ないラットは、食事量の多いラットより、毛並みがきれいで艶やかだと
言うことです。
人間で言ったら、お肌がキレイで髪もつやつやってところかしら?

昔の人は粗食で健康だったと言われていますが、それは人間が満腹という感覚に慣れていないからだといわれています。
常に飢餓と闘ってきた歴史の方が長いのですものね。
考えてみたら、私たちのご先祖様たちは、戦があり、戦争があり平和にお腹いっぱいなんて、なかったのかもしれませんね。
今では、いくら不景気といえど、食べるのに困ると言った事情は日本ではほとんど
ありませんものね。
ですから、ここ最近の「満腹」という感覚に人間のカラダが対応しきれないらしいですよ。
って事は、
満腹という感覚をカラダが認められるようになるまであと何千年かかるのかしら?
きっとそんなレベル。だから私たちは、腹八分目を心がけなくてはいけないのですね。

さっきの白飯の結果は1食につきお茶碗1杯は多いという結論ですね。
平均的に1食につきお茶碗1杯を3食食べている方が多いのではないでしょうか?

特に育ち盛りは食べる必要があるのでしょう。
でも、中年と言われる年齢になっているとしたら、ご飯の代わりにおかずを
沢山食べる食生活にシフトしていく事がキレイで健康な年齢の重ね方のヒントかも
しれませんね。
あなたはどう受け止めますか?